僕らの声より、君たちの声が写ればいい。それが僕らの声でもあるから。