できれば僕は君のように生まれてきたかった。きらきらした素敵な君のように。